生活費(15万/月)を稼ぐことができず、失敗するまでのデイトレ日記です。
次回からブログも始めた話に移り、この連載日記もいよいよ佳境も入るが、その前に今週
はちょっと趣向を変えて、株を始めた頃を中心にこれまで読んだ本について書いてみたい。
今週はコーヒーブレイク(全3回)で、今日はその第1回だ。

株に限らず、今やあらゆる情報やツール、ゲームがネットから無料で手に入る時代だ。
それでも身銭を切って買った本というのは印象に残っているものも多い。今回はそれらに
ついて取り上げたい。

私はまだ株を始めて間もない頃、場が終わると家の近くの書店によくいった。ちょうど
デイトレブームが終わる頃でまだ書店にはデイトレ本がたくさん並んでいた。その後急速に
書店からデイトレ本は消えてゆくが、ブームの後期には単なる時流に乗っての成功談だけ
でなく、デイトレで成功した人達を客観的に総括したり、あるいはデイトレのデメリットや
失敗した人達の体験談を載せるような本も出てきていた。それらを手にする機会があった
のは良かったと思う。

この日記を書くに辺り、5年ほど経った今ふたたび何冊か読んでみた。今読んだらまた
当時とは印象が違うのではないかと思ったからだ。そうしたら確かに「なるほど」と思うこと
も少なくなかった。

『デイトレのリアル!』熊野英生
『勝ち組ネットトレーダーが絶対に教えたくなかった投資の裏技』中村光夫


前者の「確率で言えば、デイトレは儲からない」や「努力すればかならず報われるわけでは
ない」、後者の「株式投資における損失は、絶対に避けることのできない必要経費。これは
肝に銘じておくべき」など、デイトレで負けることを前提とした厳しい言葉は苦い反面、真実を
ついていると思った。

当時株を始めて間もない私は連日ボロ負けしており、多くの「こうすれば必ず儲かります」
的な甘ったるい本にはすでに嫌気が差していた。だから甘言の少ないデイトレ本に逆に
惹かれた。メリット面(例えば、デイトレは日計りでありリスクが少なく回転取引ができるなど)
ばかりを強調したブーム初期のデイトレ本とは一線を画す内容だ。

だがそう言っておいてすぐに否定するようだが、奇抜なタイトルとは裏腹に、この2冊の本も
紙面の大半は損切りや自己ルールの大切さなどごく基本的なことに割いている。デイトレ本
に限らず、株の入門書としてもごく普通に書かれている当り前のことが多い。タイトルには
目を惹かれるが、それに期待し過ぎると肩すかしを食らうだろう。

これ以外にもデイトレ本を10冊くらい買って読んでみた。今から思うと、それで勝てるように
なったかというとそんなことはない。もちろんヒントは色々得たと思うが、たった千円か二千円
出して、勝てる秘訣を得ようなんて甘いということだ。

本を紹介しておいてそれを否定するようだが、むしろ、本にすがり、自分で考えることを放棄
することの方が恐ろしい。それだったら何も買わない方がましだ。そもそも昔私がしたように
何も考えずに雑誌に薦められた銘柄をそのまま買うなんてこと自体「私は勝つ気ないです」
と言っているようなものだ。本は当り前と思えることも多いし、自分で試行錯誤するきっかけ
くらいに考えておいた方がいい。

だけど、ごく当り前のことが悪いとも言えない。本当はそれが一番大事だったりする。そこが
今回何冊か読み直して一番感じたところだ。例えば、「損切りを厳格に行う」だとか「塩漬け株
はもたない」、「初心者は信用取引に手を出さない方がいい」などはよく入門書に書かれている
ことだ。どんな本にも必ず書いてあるといっていいくらいだ。すでに何度も聞き飽きた言葉
だったので、当時の私は当り前だと思ってさらっと読み流していた部分だと思う。

しかし、私もすでにブログ(日記)を3年以上書いているから分るが、ふと自分が身に沁みて
感じ、何度も口を酸っぱくして書いていることと言えば、「自分のルールを必ず守る」だとか、
「含み損で持越ししない」(塩漬け株はもたない)」など株の入門本に書かれていること
ばかりだ。自分の経験から心底思ったことを掛け値なしに日記に書いてきたつもりだったが、
それは結局どの本にも書かれていることの言い直しに過ぎなかった。

要は、ありふれた言葉でもその時々の読み手の考えや経験によって、感じる深さが違ってくる
ということだろう。当時はさらっと流していたところも、今だとある程度の経験を踏まえて読める
ので「あれっ」と立ち止まることも少なくない。大事なことはそういう所にあったりする。本当は
一見物足りない言葉にこそ深みがあるのかもしれない。それが重要だと思えるか、さらっと
流すか、読み手の力量が問われる。だから昔気にとめなかった本も捨てないで取っておいて
あとで読み返すと新しい発見があるかもしれない。

次回はありふれた言葉についてもうちょっと突っ込んで考えて見たい。

~続く~

(MARQUEE MOONを聞きながら/Personz)

人気ブログランキングへ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» おはようございます。
>だけど、ごく当り前のことが悪いとも言えない。本当はそれが一番大事だったりする。

良く分かります。
言葉や字面や頭で「何をいまさら、そんなの分かってるよ」みたいな感じで右から左に流すことって
結構多いですよね。
でも、確かに深みや重みを理解しきってないことの方が多いような気がしますね。
自分でぱっと思い浮かべることっって
「若いうちの苦労は買ってでもしろとか「失敗は成功の母」などでしょうか?(意味違うかなw)

私もねぶくろさん見習って人生初のブログ作成してみました。
分からないことだらけですが、やってみなくちゃ分からない苦労?が少しだけ体験できたような気がします。
hiro 2011/08/22(Mon)06:29:14 編集
» Re:おはようございます。
hiroさん、おはようございます。

>言葉や字面や頭で「何をいまさら、そんなの分かってるよ」みたいな
>感じで右から左に流すことって結構多いですよね。

ほんとそうですよね。
小学生でも知っているような「人に暴力を振るわない」だとか「人の
ものを取らない」、でさえ守れない多くの大人がいるから毎日悲しい
ニュースが絶えることがないのかなあと、私も一応大人の一人(?)
として恥ずかしく思います。

>「若いうちの苦労は買ってでもしろとか「失敗は成功の母」など
>でしょうか?

そうですね。親に守られて暮らしているうちはわからなかったこと
ですが、社会人になって何年か独り立ちすると、やっと少し理解できる
ようになった気がします。月並みですけど、昔から言われていることは
それだけの重みがあると思います。

>私もねぶくろさん見習って人生初のブログ作成してみました。

おめでとうございます!!
良かったらリンク張らせてくださいね。

自分の考えを言葉にするとちゃんとしなくちゃって気にもなりますし、
勝つためにブログを利用されるのは良いことだと思います。書くこと
自体気晴らしにもなります。頑張ってください。
2011/08/22 08:24
» 早速のご返事どうもです。
リンク?ですかw
良く分かっていないことだらけです。
ただ、トレードできるのもあと一ヶ月あるかないかの状態です。
ねぶくろ師匠のこのブログをこれ以上汚すのは忍びないです。
リンクはもう少し様子を見て
せめて2~3か月たってからにしてください。
でも、たまにねぶくろさんが覗いてるかもと考えると気が引き締まりますので、本当にお暇な時に
見てっやってください。
いつもありがとうございます。

http://145841.blog.fc2.com/

※返信不要です。
hiro 2011/08/22(Mon)08:42:05 編集
» コメントありがとうございます。
感激です!!
本当にありがとうございました。

※返信不要です。
hiro(しそラーメン) 2011/08/22(Mon)16:33:40 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
昔の月にジャンプ
下の年月を選択するとその月のページにジャンプします。

最高逆日歩計算機
株価
売買単位
日数
権利付最終日 はい
注意喚起 はい
異常な貸株 はい
使い方はここを参照
2014/7/22 改訂対応
手数料計算(現物)
2013年8月時点
現物

手数料 
片道無料 
手数料計算(信用)
2013年8月時点
信用

手数料 
片道無料 
プロフィール
HN:
ねぶくろ
性別:
男性
趣味:
オセロ、ジョギング
自己紹介:
株で生活資金を稼ぐ予定で、資格試験の勉強中。

しかし、見通しが甘く生活費の出金を含めて資金は減り続け400万→100万にまで減少。

まさにがけっぷち、これ以上大きく負ければ即、
退場→職探しコースが待っている。
ブログ内検索
これまで訪問してくれた方
今日はどうかな
遊び心で...

無料ブログパーツ
表示された1~9の中で、2つ表示されているものがあり、それを瞬時に判断して答える脳トレゲームです。

Copyright © [ 資金100万で生活費を稼ごうとする無謀なデイトレ日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :