生活費(15万/月)を稼ぐことができず、失敗するまでのデイトレ日記です。
貯金が底をつき、2007年5月から生活費を出金するようになり、多少心構えは変わった
かと言えばそんなことはなかった。取引での荒っぽさは相変わらずかそれ以上で、1日で
10万取ったりするのはザラで、負ける時は20~30万くらい負けることも多くなった。

今と比べてボラが大きかった頃とは言え、その頃はやり方もかなりリスキーだった。
どうして200万くらいの資金でこれほど収支が大きく振れたかというと、それは持ち越しを
頻繁に行っていたからだ。

デイトレで買ったが見込みが外れて含み損になってしまい、切るのをためらってのものも
あれば、連日大きく売られた銘柄の乖離率から「もうそろそろ反発するだろう」と思って、
意図的に1~2泊する覚悟で仕込んだ銘柄もあった。ほぼ毎日何かしら持っていたといって
いいと思う。

どちらもナンピン前提でのやり方であったから、翌日上がればいいが、下がったとき悲惨な
ことになった。特にスイングで仕込んだ方はやっかいだった。始めから持越す覚悟であったし、
下手に自信があると、下がっても下がっても「もうそろそろ戻すだろう、きっとあと少しだけ」と、
意固地に食い下がってしまう傾向があった。

損切りした後でその後上がってしまうと悔しかったのだ。投げたら投げたで持っていない
不安があった。そこで、投げる覚悟を決めても、ある程度てんまつを見るというか、下がり
きった所まで確認して少し戻した所で売っていた。だけどそこはすでに買値よりだいぶ下で、
利確できる所まで上がらないことは私でも分った。それで結局大損することが多かった。
自分の誤りを認められないが故に招いた損失だった。

今となっては恥ずかしい限りだが、当時私はデイトレに「必勝法」があるものと思い込んで
いた。今だったら「バカだなあ、そんなのあるわけないじゃん」と当時の自分にきつくダメ出し
できそうなものだが、その時は誰もそんなこと言ってくれる人もおらず、視野も狭かったので、
ただ黙々とありもしない「必勝法」を求めていたような気がする。

さっき言った大きく下げた銘柄の乖離率もその一つであるような気がして、一時期それに
固執していた。確かに乖離率もスイングの逆張りの着眼点として悪くはないと思う。
現にある一定以上の率を超えてくれば、多くの確率でそのあと反発することが多いだろう。
デイトレだって大きく落ちた銘柄に対して反発力が強くなるのは同様だ。これは逆張りの
基本的考えとも言える。

だけど、「ここら辺で戻すだろう」というのはあくまで確率なのだ。株の値動きは理論じゃ
ないし、100%はない。「こうしたら必ずこうなる」なんて言えないのだ。例えば、「乖離率が
30%を超えたら、1週間以内に絶対に反発する」なんて言えない。もしかしたら、「80%の
確率で反発する」くらいは言えるかもしれないが、少なくとも絶対じゃない。外れることも
結構多いし、「反発する」にしても、いつ、どの程度までを指すのかは微妙だ。話が脱線
するのでこれ以上は触れない。

大事なのは株取引に「絶対」という言葉ないということだ。当たり前すぎる言葉だが、まだ
2年目の私には分らなかった。「絶対」勝てる「必勝法」があると思って追い求めていた。
1年目(2006年)に一時半分まで資金を減らしたが、終わって見れば少しプラ転し、翌年も
僅か2ヵ月で100万近くも勝って浮かれてしまった。自分のやり方は正しい、と思い込んで
しまった。

この考えは場中のデイトレも同じで、「ここで買えば絶対反発する」なんて息巻いて買って
いるものだから、その後目論見が外れて含み損になってしまっても、「危ない、切ろう」より
「これはチャンス、もっと買っておこう」が先だって損切りするという発想がすぐに出てこない。
おこがましいことに自分ではなく、相場が間違っていると思っていた。それで持ち越しを
しょっちゅうしていた。翌日GUを期待してのことだが、すでに地合いはだいぶ軟弱になって
いた。

例えばこんなことがあった。3月に2377  サイバーファームをS安付近で買ったはいいが、
その後3日連続S安の刑を受け、たった2枚だけども30万で買って16万で売る羽目に
なったことがあった。30万近くもの損失になったダメな例だが、その後も懲りずに似た
ようなことをしょっちゅうしていた。それでまだ200万ちょっとくらいの資金だったのに毎日
10万くらい勝つ日もあれば、20~30万くらい負けたりもしたのだ。

ただそれでも運が良かっのか、あるいは毎月生活費を引くことによって多少気持ちも引き
締まったのか、5~8月は生活費を引いても横ばいで、9月から再び資金が増え始めた。
3月以降ずっと200万台だったのに、9月末には300万を超え、10月には最高で一時400万
近くにまで増えたと思う。これで天狗になった。

~続く~

(それから/爆風スランプ)

人気ブログランキングへ

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» おはようございます
当時、いきいきと楽しそうに相場に向かっているねぶくろさんを思い浮かべましたw
当時はまだ自分は会社員で今と比べてどうだったのか良く分かりませんが。
日経の月足チャートからはなんとなく想像つきます。
それにしても資金倍近くまで(生活費出金しながら)とは素晴らしいですね。
hiro 2011/07/21(Thu)07:01:41 編集
» Re:おはようございます
hiroさん、おはようございます。

>当時、いきいきと楽しそうに相場に向かっているねぶくろさんを
>思い浮かべましたw

そうですかー。いきいきと言うより、「ただ取りたい取りたい」と
欲張っていただけのような気がしますが(苦笑)。
確かにまだ辛いより楽しいが先だった頃のような気がします。

>日経の月足チャートからはなんとなく想像つきます。

2007年ですと小泉さんからバトンを受けての安部政権でした。
中国などアジアの追い上げは感じつつもまだ日本が強かった時代
だった気がします。前半と後半で日経の雰囲気も一変しました。

>それにしても資金倍近くまで(生活費出金しながら)とは
>素晴らしいですね。

たんなるまぐれだったんですけどね(笑)。
すぐに減りますよー。

どんより天気ですけど今朝はめっきり涼しくなりました。
これくらいですと過ごしやすいです。

今日もお互い頑張りましょう。
2011/07/21 08:06
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
昔の月にジャンプ
下の年月を選択するとその月のページにジャンプします。

最高逆日歩計算機
株価
売買単位
日数
権利付最終日 はい
注意喚起 はい
異常な貸株 はい
使い方はここを参照
2014/7/22 改訂対応
手数料計算(現物)
2013年8月時点
現物

手数料 
片道無料 
手数料計算(信用)
2013年8月時点
信用

手数料 
片道無料 
プロフィール
HN:
ねぶくろ
性別:
男性
趣味:
オセロ、ジョギング
自己紹介:
株で生活資金を稼ぐ予定で、資格試験の勉強中。

しかし、見通しが甘く生活費の出金を含めて資金は減り続け400万→100万にまで減少。

まさにがけっぷち、これ以上大きく負ければ即、
退場→職探しコースが待っている。
ブログ内検索
これまで訪問してくれた方
今日はどうかな
遊び心で...

無料ブログパーツ
表示された1~9の中で、2つ表示されているものがあり、それを瞬時に判断して答える脳トレゲームです。

Copyright © [ 資金100万で生活費を稼ごうとする無謀なデイトレ日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :