生活費(15万/月)を稼ぐことができず、失敗するまでのデイトレ日記です。
話を聞くといっても内容はほとんどが愚痴のようなものだ。気の利いたことが言える訳
でもない。ただ両親はパソコンが使えないので調べ物に不便だ。そこでこの病気に
関する症状や家族の接し方、薬の副作用、近くにいい病院はないか、相談できる場所、
などをインターネットから調べて教えてあげた。

たったそれくらいのことでも両親は喜んでくれたし、話を聞いてもらえると気持ちが
スッキリすると言ってもらえたのも嬉しかった。いくら話しても無料な携帯の家族割引
ってほんとありがたいなあ、と心底思った。その後、インターネットで調べたことに加え、
図書館から自分で本を借りて読んだりもし、この病気について勉強していった。

そんな感じで、4月になったある日だった。どうも親がいつになく改まった口調で
「びっくりしないで聞いて」と言ってくることがあった。それまでも散々びっくりするような
ことを聞いてきたつもりだったが、まだ両親は私に内緒にしていたことがあったらしい。
「びっくりしないで」という言葉ですでにちょっとびっくりしていたが「いいよ何でも言って」
と言って言葉をつないだ。

そうすると、兄がカードで200万ほどの借金を作ってしまったことを打ち明けてきた。
まだ兄が奥さん子供と一緒に暮らしていた頃、生活費を補うためカードで借金をして、
日用品やテレビ、家の家具、子供のためのものなどを買っていたらしいのだ。自分が
働けずにいることを不甲斐なく思ってのことだったと思うが、奥さんにもしばらく内緒の
ことだったらしいし、近くに住んでいるとは言え、まして両親が知るはずもない。

離婚して両親と同居するようになってからも今年の春先までしばらく隠していた
らしいのだ。借金を打ち明けても、始めのうち借金は70~80万くらいだと思ったらしく、
それならば、と両親は思って、その分は返済したらしいのだ。両親はすでに年金暮らし
だし、もともとうちは貧乏だったので、70~80万でもかなりの大金だ。それで父親の
生命保険を解約し、さらに母親の軽自動車も手放したらしい。

だけど、両親が兄から話を聞くとさらにいくつもボロボロとカードがでてきて、結局全部
合わせると200万以上もの借金であることがわかったのだ。一概に全部とは言えないが、
この病気になると、お金の管理ができなくなる。忘れっぽくもなるし、ウソを言うことも多く
なるらしい。ただウソと言っても妄想が病気の特徴なので、本人もどこまでウソと自覚
しているか定かではないのだ。

200万は定職があれば返せない額ではないと思うが、兄の収入といえば月4万の障害
年金だけで、働けないので返せる見込みがない。とうてい本人一人で払いきれるものでは
ない。200万もの借金があることを両親が知ったのが今年3月くらいで、その後両親が
困って私に相談したのが4月だった。

ただ両親が私に話したのはお金を工面してもらうためではなく、以前私が行政書士の
資格を取っていたことを知っているので、何か法律的な面でいい考えがないかを聞いて
きたのだ。あくまで私に金銭的負担をかけまいとしてのことだ。

人気ブログランキングへ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
昔の月にジャンプ
下の年月を選択するとその月のページにジャンプします。

最高逆日歩計算機
株価
売買単位
日数
権利付最終日 はい
注意喚起 はい
異常な貸株 はい
使い方はここを参照
2014/7/22 改訂対応
手数料計算(現物)
2013年8月時点
現物

手数料 
片道無料 
手数料計算(信用)
2013年8月時点
信用

手数料 
片道無料 
プロフィール
HN:
ねぶくろ
性別:
男性
趣味:
オセロ、ジョギング
自己紹介:
株で生活資金を稼ぐ予定で、資格試験の勉強中。

しかし、見通しが甘く生活費の出金を含めて資金は減り続け400万→100万にまで減少。

まさにがけっぷち、これ以上大きく負ければ即、
退場→職探しコースが待っている。
ブログ内検索
これまで訪問してくれた方
今日はどうかな
遊び心で...

無料ブログパーツ
表示された1~9の中で、2つ表示されているものがあり、それを瞬時に判断して答える脳トレゲームです。

Copyright © [ 資金100万で生活費を稼ごうとする無謀なデイトレ日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :