生活費(15万/月)を稼ぐことができず、失敗するまでのデイトレ日記です。
【目的】
これまではドカン負けはナンピンとセットであり、ゼロにはできなくともナンピンは極力しないほうがトータルの成績でも分がいいような気がしてきた。ただそれはかなり漠然としたイメージではあり、本当にそうであるかは確認できていなかった。そこで本当にナンピンが成績に悪影響を与えているのか、すればするほど悪いのかを調べるため、一日あたりのナンピン比率と一日の収支や勝敗との関係を比較してみたい。

【期間】
2014年2月10日から2014年2月28日(場合により延長する)

【方法】
一日あたりのナンピン回数を取引回数で割ったものをナンピン比率とし、計算式を以下とする。
日のナンピン総回数 ÷ 一日の片道取引回数 = ナンピン比率

一日の取引回数はネットレの「お取引状況確認」画面に記載されている現物と信用の取引回数合計(回)の合算から前日分を引くと導き出せる。正確を期するためこれを利用したい。ただしこれは往復の取引回数だ。ナンピンは往き(片道)だけの回数であるため、この取引回数をざっくり2で割ったものを片道取引回数として用いることとする。

それと細かい話になるが「お取引状況確認」画面は当日分が翌朝にならないと更新されない。そのためナンピン比率は一日遅れでデイトレ日記中に記載してゆこうかと思う。

次に、一日のナンピン総回数であるが、これははさすがにネットレに載ってないので、取引履歴から自分で調べることとする。今回はただのナンピン回数だけで比較してゆこう思う。

だけど本当は過去にやらかしたドカン負けを考えれば、ただのナンピン回数だけでなく、どれだけ食い下がっていったかが重要だと思う。要は食い下がれば食い下がったほどドカンと負ける比率が高くなると思われる。考えてみればこれは当然で、深く食い下がるほど、そうせざるを得なくなるほどの悪い状況であったはず。当然含み損も大きく、ドカンとやらかすリスクも大きかったと考えられるからだ。

このどれだけ深く食い下がっていったかをナンピン深度と呼びたい。ナンピン深度も余力があれば今後重みを付けて収支との関係を調べてゆきたいところだ。たとえばナンピン2回目は×2倍、3回目は×3倍…という具合にだ。ただ始めからそこまでしてしまうと、重みづけの定義もしないとけないのでかなり複雑になってしまう。そこでナンピン深度も記録はするがあくまで記録にとどめ、今回は単純にナンピン回数だけで比較してゆくこととする。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
昔の月にジャンプ
下の年月を選択するとその月のページにジャンプします。

最高逆日歩計算機
株価
売買単位
日数
権利付最終日 はい
注意喚起 はい
異常な貸株 はい
使い方はここを参照
2014/7/22 改訂対応
手数料計算(現物)
2013年8月時点
現物

手数料 
片道無料 
手数料計算(信用)
2013年8月時点
信用

手数料 
片道無料 
プロフィール
HN:
ねぶくろ
性別:
男性
趣味:
オセロ、ジョギング
自己紹介:
株で生活資金を稼ぐ予定で、資格試験の勉強中。

しかし、見通しが甘く生活費の出金を含めて資金は減り続け400万→100万にまで減少。

まさにがけっぷち、これ以上大きく負ければ即、
退場→職探しコースが待っている。
ブログ内検索
これまで訪問してくれた方
今日はどうかな
遊び心で...

無料ブログパーツ
表示された1~9の中で、2つ表示されているものがあり、それを瞬時に判断して答える脳トレゲームです。

Copyright © [ 資金100万で生活費を稼ごうとする無謀なデイトレ日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :