生活費(15万/月)を稼ぐことができず、失敗するまでのデイトレ日記です。
早いもので今年で株で生活してから4年目、株を始めてから5年目に入った。

「今まで良く続けてこられたなあ」と思うと同時に幸いなことに最近は資金も増えて700万を
超えてきた。「最近はほぼ横ばいだし、今後どうなるか分からない。ゴールはまだまだ先」と
思う一方で、資金1,000万をブログのゴールと考えた時に大事だと思ったことはなるべく
早めに書いておこうとも思うようにもなった。

今回は「資金100万での生活について」と題して書こうと思うが、色々思うと長くなりそうだった
ので連載形式で毎日(もしかしたら1日おきで)少しずつ書くことにした。今日はその1回目だ。

私にとって株取引で大事なことは日記書き始めの頃にだいたい書いてきたつもりだ。
それはほとんど今でも変わらずに大事だと思うことでもある。ただ、株での生活も4年目と
なり、色々な経験を積んだ今だからこそ言えることもある。先月は自分の取引ルールに
ついて書いてみたが、それはきちんとルールを守れるようになった今だからこそ振り返る
ことができたことだ。2年前の当時だったら書こうと思ってもすぐに破ってしまっていたので
恥ずかしくて書けなかったことだ。大事なことの備忘録という意味で、今回は資金100万
での生活についてに考えてみたい。

資金100万での株での生活なんてやめた方がいい。
唐突だがこれが何年か株で生活した今の私の率直な考えだ。のっけから今までの自分を
否定するようなことを言ってしまったが、ブログのタイトル通り100万での生活は無謀だと
思う。資金的にも精神的にもかなりきつい。

株で生活する、とは他人の力を借りずに自分だけの力で株で稼いで食っていくという事だ。
食っていくという事は、ボロアパートでも何でもいいが自分で一つ所帯を構えるという事で
あり、親と同居しているとか、他人から援助してもらっている何て言うのは自分だけで
食っていることにはならない。あくまで自分の力で稼いで生きてゆくことが必要だ。

当たり前だが生活するには当然毎月いくらかの生活費がかかる。私の場合は月15万と
決めて生活しており、自分で言うのもなんだが資金100万で月15万を稼ぐのはかなり厳しい。
はっきり言って至難のわざとも言える。確かに資金100万でも1%の1日1万の利益の上げる
のは十分可能だろうし、それを1ヵ月毎日続けたら生活費+αの貯金までできる計算になる。
ちょっと見、できそうな気がしないでもない。

しかし、言うは易く行うは難し。実際にやってみればその難しさはすぐに実感できるだろう。
3日だって連続して勝つのは簡単ではない。まして、毎月毎月、毎週毎週、コンスタントに
勝ち続けるのは並ではない。目標が1日1万と言っても、1日2~3万ぐらい取れることもある
かもしれないし、トータルで毎月15万以上稼げばいいのだがら、必ずしも毎日1万以上取ら
ないといけないとう縛りがある訳ではない。相場は水ものと考えれば、チャンスだと思った
時に大きく張ってそれ以外は様子見の姿勢ができればそれが理想だと思う。

だが、生活が掛かるとそれが難しくなってくる。毎日コンスタントに稼がないといけない
という暗黙のプレッシャーが自分自身を襲うようになってくるのだ。仮にある月の1日目
(初日)に2万勝てたとする。そうすると、次の日は無理して取る必要も無くなるような気が
するが、実際には後場になっても利益が5千くらいしかないとすると「今日はまだ1万に届か
ない、何としても1万を確保したい」と焦りが生じてくるのだ。そうすると甘くINして失敗したり
して結局1万どころかマイナスになってしまうこともよくある。今まで嫌というほどこういう
経験をしてきた。

もう一つ例を挙げてみる。今度は月の終盤であと3日を残して20万の利益があったとする。
月15万はすでに確保したし、+αの蓄えまでできている状況だ。このまま何もしなくても
出金すれば来月は十分生活できる。だが、こういう状況であっても「今月はもう取引しなく
ていいや」という心境にはなかなかなれない。「相場から離れてチャンスを逃したら悔しい」
だとか、「いつドカンと負けるか分からないから取れる時はできるだけ取っておきたい」という
欲も働くからだ。欲や焦りは生活が掛かっているからこそ生まれるものもある。

これらはまだ利益を順調に上げられた時のことだからよいが、月の後半になっても15万を
確保できていないと悲惨だ。いよいよもってプレッシャーがよりきつくなる。「こういうのは
考えすぎてもいいことはないから、なるべく意識しないようにしよう」と思ってもそれは
無理なこと。いつも頭の片隅から離れることはない。生活費確保まで「あと5万」とか「あと
2万」、という風に毎日逆算して考えてしまう。

幸いにも、これまでの生活で明らかに自業自得と思えるような大負けがなければ、大抵の
月はそれほど終盤まで追い詰められることなく生活費を確保できていたのは有り難い
ことだ。だが、たくさん取れようがギリギリだろうが、月末の時点で15万を出金できた時は
本当にほっとした。ほっとして油断して出金後にドカンと負けてしまう何てことも何度となく
あったと思う。だから、本当は最後の日までギリギリまで粘ればいいのだが、出金できる
利益はあるのにそれをしないのは精神的に辛い。

「もし粘ってドカンと負けて利益がなくなったらどうしよう」と思うと怖くて一刻も早く出金したく
なってくる。だから、たくさん取れた月は少しでも早くプレッシャーから自分を解放したいが
為に、早めに出金したりもした。だけど、そうするとプレッシャーはなくなるが、逆に緊張の
糸が切れてその後で負けてしまったりすることも多い。「早く出金したいけど、ギリギリまで
粘ったほうがいいのか」いつもこういうジレンマを抱えていた気がする。

しかも、100万台の頃は毎日余力をほとんど使っていたので、出金しようと思っても差金で
それができる時とできない時があり、時に2度に分けたこともある。100万台の頃は月末の
出金が一大イベントだったのだ。

~続く~

( 月光/ 鬼束ちひろ) 

人気ブログランキングへ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
昔の月にジャンプ
下の年月を選択するとその月のページにジャンプします。

最高逆日歩計算機
株価
売買単位
日数
権利付最終日 はい
注意喚起 はい
異常な貸株 はい
使い方はここを参照
2014/7/22 改訂対応
手数料計算(現物)
2013年8月時点
現物

手数料 
片道無料 
手数料計算(信用)
2013年8月時点
信用

手数料 
片道無料 
プロフィール
HN:
ねぶくろ
性別:
男性
趣味:
オセロ、ジョギング
自己紹介:
株で生活資金を稼ぐ予定で、資格試験の勉強中。

しかし、見通しが甘く生活費の出金を含めて資金は減り続け400万→100万にまで減少。

まさにがけっぷち、これ以上大きく負ければ即、
退場→職探しコースが待っている。
ブログ内検索
これまで訪問してくれた方
今日はどうかな
遊び心で...

無料ブログパーツ
表示された1~9の中で、2つ表示されているものがあり、それを瞬時に判断して答える脳トレゲームです。

Copyright © [ 資金100万で生活費を稼ごうとする無謀なデイトレ日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :