生活費(15万/月)を稼ぐことができず、失敗するまでのデイトレ日記です。
12月月間成績  
週目 日付 収支
第1週 (01日~02日) 123,000
第2週 (05日~09日) 216,000
第3週 (12日~16日) 248,000
第4週 (19日~23日) 85,000
第5週 (26日~30日) 196,000
合計   868,000
資金   12,733,218

今月は前置なしにまずは週間で取引を追ってみたい。

第一週目。この週は2日間だけだったが、初日はNYダウが490ドルも上げたのを受けて
いるので、日本株も全面高だった。ただこういった寄りが高い時はかなりの確率で寄り天
を警戒しないといけないが、この日の日経平均は陽線で引け、次の日も続伸した。
さらに全体的に動く銘柄も多く、出来高もまずまずだったので、今月は久々にやりやすい
月になるかもしれないと感じた。ここ数年12月は強いというイメージがあり、期待を込めて
これが続くことを望んだ。

第二週目。この週はNYの動きに歩調を合わせて、という風に強弱が入り混じったと思う。
週間を通してボロ株の動きが良かったので、多くの銘柄にコツコツ入っていった。中でも
毎日追いかけていたのが8836  RISEだ。珍しく順張りでも1万株ずつ入れて見て、それで
何回か1円抜きできたのが良かったと思う。

他には木曜(8日)に9501  東電力が寄りから落ちてきたところを拾ったが、これはかなり
冷やっとした。始めは軽い気持ちで食い下がっていたたら、買えども買えども下げ止まらず、
あっという間に10万近くの含み損になってしまった。切るのをためらっていたら運良く一瞬
だけ250円強まで戻してくれたのでそこで何とか逃げ切った。「最低1兆円の公的資金注入」
との理由で売りが出たようだが、そんなの確認せず不用意に入ってしまったのがいけなか
った。この銘柄の場合、材料を確認し、一呼吸してから入るようにしないといけない。
久しぶりに朝一から目の覚めるような急落だった。

第三週目。相場の雲行きがだんだん怪しくなってきた。日経平均の1日の振れ幅は少なく、
日足は相変わらずコマのような形が多い。ボロ株も次第に動きが緩慢になってきた中で、
4406 新日本理化を親玉とする仕手群が連日派手に乱高下していた。4406 新日本理化
自体は触らなかったが、関連銘柄でちょこちょこ取れたので助かった。

それと、木曜(15日)は今月ただ1日だけ10万以上取れた日だった。この日一番大きな
利益になったのは、4798  LCAHDで、11-12円間で4万株1円抜きが成功した。超ボロ株
とも言える危険なハイリスクの銘柄ではあるが、数日前からタイミングを計っており、
それが上手くヒットした感じだ。狙い通りなので取引自体は悪くない。ただ、たった1円の
上下で含みが4万も上下するのは心臓に悪く、一歩間違うとギャンブルになりかねない。
今後もこういった銘柄に対しては、頻繁に狙って取れるようなものではない、と肝に銘じて
おかないといけない。

第四週目。地合いが悪くなってきた。この週はしょっぱな月曜(19日)から
9898  サハダイヤで12万もの大負けをしてしまった。本当は始め17万の損切りをしたの
だが、その後5万株1円抜きで少し取り戻してこの額まで減らしたのだ。始めから大ロット
2万株ずつくらいでバンバン入っていったのがいけないのに往生際が悪い。

一度損切りツールで底値(27円)で損切りさせられた後、悔しい思いで今度は普通なら
決して入れないだろう5万株もの大ロットで入り(28円)直したのがいけなかった。結果は
確かに利確できたしタイミングも間違っていなかったとは思うが、買う量が多すぎる。

27円は確かに売り場ではなく大きな買い場だった。すぐに切り返し、27円の出来高は
ほとんど自分が作ったものだ。27円は逆張り派だったら売るのではなく絶好の買い場
だったと思う。だけど、それは通常の話。そもそも損切りラインに引っかかるまで含み損
を抱え、さらにナンピンしまくってしまったのがいけないのだ。強制的に切られたくなけ
れば、始めからそんなことをしてはいけない。始めのこの過ちがある以上、それ後
どんな状況になろうとも、その場でスパッと切るのが正しいとしか言いようがない。

その後28円で5万株入れるのも一気に取り戻したいという欲がありありと現れており、
これも禁断の行為だったと思う。正直いって今でも悔しい思いはあるが、一旦は負けを
負けとして自分の腹に飲み込まないといけなった。それができないと今回みたいに頭に
血が昇ってこんなことをしてしまうのだと思う。

今回はたまたま上手くいったが、こういう時はそもそもが冷静ではないので、逆にさらに
深手を負う確率も高く、そうしたら立ち直るのがいよいよ困難なくらいの大負けになって
いたかもしれない。月曜(19日)は今月始めての負けであり、かなり強気な気持ちで
あったのは間違いない。

第五週目。地合いうんぬんと言うよりも、市場の閑散っぷりが半端なくなった。火曜
(27日)には前日に続き東一の売買代金と出来高が今年最低を更新した。出来高が
8億株、売買代金が4600億なんて、「半日か、」と思わず突っ込みたくなるほどの
少なさだった。毎年クリスマスあたりからこうなることは予想できたが、今年の薄商い
は群を抜いていた。月間の出来高もわずかながら30億株を切り、これで3ヵ月連続で
前月を割り込んだ。

ただ利益だけをみればこの週も十分だったと思う。触った銘柄はそれほど多くないが、
9501  東電力や2160  M-GNI、3204  トーア紡など日替わりで3~5万くらいずつ
取れたのが大きい。特に9501  東電力は水曜(28日)に一気に20円下げ、200円も割り
込んでくると、いよいよ株価が自分の主戦場に入ってきたので毎日頻繁に触った。

一方で水曜はこの銘柄で大きな損切りもした。よく動くし出来高も申し分ないので、
気兼ねなく大きく張れ、取りたいという欲が取引に全面に出てしまったと思う。動く反面
トリッキーな動きも多いのでリスクも大きく来月も要注意だ。自分がよく触る価格帯だと
入りやすく思う一方、油断してドカンと大負けしやすくもある。

人気ブログランキングへ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
昔の月にジャンプ
下の年月を選択するとその月のページにジャンプします。

最高逆日歩計算機
株価
売買単位
日数
権利付最終日 はい
注意喚起 はい
異常な貸株 はい
使い方はここを参照
2014/7/22 改訂対応
手数料計算(現物)
2013年8月時点
現物

手数料 
片道無料 
手数料計算(信用)
2013年8月時点
信用

手数料 
片道無料 
プロフィール
HN:
ねぶくろ
性別:
男性
趣味:
オセロ、ジョギング
自己紹介:
株で生活資金を稼ぐ予定で、資格試験の勉強中。

しかし、見通しが甘く生活費の出金を含めて資金は減り続け400万→100万にまで減少。

まさにがけっぷち、これ以上大きく負ければ即、
退場→職探しコースが待っている。
ブログ内検索
これまで訪問してくれた方
今日はどうかな
遊び心で...

無料ブログパーツ
表示された1~9の中で、2つ表示されているものがあり、それを瞬時に判断して答える脳トレゲームです。

Copyright © [ 資金100万で生活費を稼ごうとする無謀なデイトレ日記 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks :
Commercial message :